地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

地方のお金持ちはどんな人?その秘密に迫る


(c) .foto project

 

『どんな性格の人たちなの?』

『地方のお金持ちってどうなの』

『どんなポートフォリオなの?』

『なんの商売が多いの?』

 

この記事はそんなことを知りたい方へ向けて書いています。

 

さしとかです


現在営業の仕事がら、お金持ちの方に会う機会が多く、お話したり見ていると共通項が結構見えてきました。

 

お金持ちの方を研究した本とか、セミナーとかでお話されている内容と重複する部分もありますのでご了承ください。

 

本当にお金持ちの方は人とのつながりを大切にする

よく本に書いてあるありきたりな内容です。

しかし、なぜ人とのつながりを大切にするのか?ということが重要です。

 

さしとかのお客様の中にも途方もないお金持ちが数名います。

そんな方たちは

 

『決まったお店で、気に入った人から、「モノ(サービス)」を買う』

ということをされています。

 

お食事をされるところ、なにかブランドを買うところ、美容院やフィットネスなど担当者を決めてその人からサービスを受けます。

 

それはなぜか?

『お金を出せば、はっきり言ってどこに言ってなんでも買えます!なんでも買えるから好きな人から買いたい!』

ということなんです。

 

お金持ちのお客様はさしとかのような営業職の人間にも差し入れをくれたり、指名して購買をしてくれることがあります。

 

お客様の中にはお店の担当者が好きだから、成績をつけてあげたいとかすごく気を使ってくれる方もいます。

 

よくお金持ちは悪い人が多いとか言われますが、本当に良い方のほうが多いと感じています。

 

地方はやっぱりお医者さんがお金持ちが多い…が…+α資産家が強い

地方はやはり、士業の方のお金持ち率が高いです。

 

特にお医者さんで開業医の方はお金持ちの方が多いです。

 

あくまで傾向ですが「眼科」や「耳鼻咽喉科」は他の開業医に比べて金回りの良い方が多いです。

 

他にも企業のオーナーなどもどの世界でもそうですが、お金持ちが多いです。

 

ですが、やはり強いのは『不動産資産を持つ資産家』が多いです。

 

あるお客様は某7と11のコンビニエンスストアに借地で土地を貸して、月間90万とのお話をされてました。

 

また、ある企業のオーナーさんもアパートや貸家を持っている方が多く、ポートフォリオにほとんど不動産が含まれている場合が多いと感じました。

 

お金持ちは、不動産から株式、役員報酬などいろんなポートフォリオを持っている傾向が高いということがわかりました。

 

少し余談ですが、お金持ちプロ投資家の投資先はどこ?

とある新潟のプロ投資家のお話です。

 

その方はマネーを世界へ分散し、金利差や債券などで稼がれている方です。

 

その方がおっしゃっていたのでは『世界一、安全な資産の預け先はスイスである』

とのことでした。

 

確かにロレックス、フィリップ・モリス、ネスレなど世界的な企業が集中し、クレディ・スイスなどの世界的な銀行もあります。

 

タックスヘイヴンとして有名ですし、世界の富豪のお金が集まっていると言われています。

 

さしとかブログで特に推奨してるわけではないのですが

 UBS ETF スイス株 コード1391

が、素人でも手が出しやすいようです。

 ※投資における御判断はご自分の責任でお願いいたします。

 

信託報酬は0.2%と安く、年間二回の分配金が出ているようです。円高時にぜひ買いたいですね。

 

グローバルな視点をもって学ぶことがお金持ちになる秘訣かもしれません。

 

あとは任天堂株とか大きい株を動かして稼いでいらっしゃる方もいました。

 

ただしそんな方たちでも失敗する場合があるので、『20%下がったら損切り』と『リスク分散で違う株式や現状のポートフォリオのもとと反比例するものを購入する』と言った対策もしっかりやられているようでした。

最後に…サラリーマンの給与所得だけでは地方では100%お金持ちにはなれない。

お金持ちの方でお医者さんなどの高額単価の商売をされている方以外は、給与所得以外に必ず資産収入があるということがわかりました。

 

地方は首都圏に比べて圧倒的に給与は低いです。

 

株式投資や不動産投資などポートフォリオ所得がなければ、まずお金持ちの足元には及ばないでしょう。

 

サラリーマンから経済的自立を目指すためにはコツコツとポートフォリオ所得を作り、資産を増やしていく必要があるといえます。

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング