地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

最初の不動産投資にメンターはいらない!自分の頭で考える大切さ

f:id:sashitoka:20180825205850j:plain

「不動産投資をやるのに誰かアドバイスが欲しい」

「メンターをどうやって探そう」

「不動産投資のことってどうやって考えたらいいんだろう」

 

そんなことに悩んでいる方におすすめの記事となっています。

 

さしとかです。

 

さしとかは特に投資家仲間は残念ながらおりません。

しかし、さしとかにも「師匠」と読んでいる方が一人います。不動産屋さんとしての付き合いしかないので、細かいアドバイスをもらったり、常時相談しているような関係性ではありません。

 

「師匠」との出会いは印象的で、初めて不動産の収益物件を購入する際に

『自分で銀行への融資くらい申し込んで借りられないようじゃ駄目ですね!』

と物件の内容を聞きに伺ったと同時に、いきなり叱咤をされました(笑)師匠の一言がさしとかの不動産投資人生に結構影響しています。

 

ちなみにメンターとは簡単に言えば師匠という意味です。自己啓発なんかでよく使われています。人生のメンターを見つけた方がよいとか自己啓発書では書かれていることも多いので目にしたことがある方も多いはずです。

 

不動産投資においては、特に初心者にとっては不動産投資のアドバイスをもらえるので不安も少なくなり、安心しやすいと思います。

 

メンターがいた方が沢山のことをより早く学べるとことは事実だと思います。

 

しかし、すぐに捜す必要はありません。一番大切なことは自分自身の不動産投資に対しての方向性を決めて、自分の意思をしっかりと持つことだと考えています。

 

自分の頭で考えられなければ不動産投資をやらない方が良い

業界では大変話題になっている静岡のとあるS銀行と、女性向け新築シェアハウスの販売&サブリースを行っているシンデレラに出てくる乗り物の会社の計画倒産の問題が社会的な問題になっています。

 

S銀行は地銀の雄として、全国的にも評価されていました。高金利ではあるものの融資に積極的な銀行として全国的に活躍していたからです。しかし、シンデレラに出てくる乗り物の会社の物件を販売するに辺り、

 

・購入希望者への属性の改ざん

・どう考えても儲からないのに貸し付けている

 

という2つの問題が上がっています。

S銀行の『やり方』については避難される部分はあります。

 

しかし、オーナーが実際の入居率の確認やマーケットの市場、高金利のフルローン返済のシュミレーションなどちょっと自分で考えれば継続が難しいことがわかります。

 

特にフルローンは経験則ですが

借入20年で満室表面利回り13~14%以上、金利2%以下で満室を常時目標でないとキャッシュが貯まりません。

 

借入年数がさらに短い15年だと16%、10年だと18%くらいないと資金繰りは厳しいと思います。Excelなどを使ってちょっと計算式を作れば簡単にわかることです。

 

被害にあった方は、

『自分の頭で考えることを怠ったため』

に人生が大きく狂いました。

 

販売会社が間違いなく1番悪いと思います。スキーム自体は破綻が見えていますので詐欺的行為に近いものです。ですが

 

『不動産投資をやる、やらないは本人の決断』

になります。更に決断をしたあと、結局、他人任せにしています。これでは必ず失敗します。

 

不動産投資はしっかりと自分のビジネスと考え、当事者意識をもつことが大切になります。

不動産投資の手法がメンターのやり方と合致しない場合もある

預金残高や資産状況、勤め先や年齢など、このようなパラメーターをまとめて属性といいます。

 

あなたの属性は、メンターと一緒の条件という場合はほとんどないでしょう。

 

物件の構造であるRCや木造などの種類から、投資エリア、どの金融機関を使うのかこれはスタート地点が人それぞれまったく違います。

 

極端な例ですが、購入したい物件に対して、預金が同じくらいあればいくらでも銀行は貸してくれると思います(笑)それ意外、人それぞれ違います。

 

また、融資を受ける際は、あなたは一人の戦いを強いられます。金融機関は当然、一人の事業者としてこちらを見ますのでメンターと一緒行ったりしない方が無難です。1人の事業者、経営者としての考え方や振る舞いを試されます。

 

なので、100%他人の投資方法を鵜呑みにするべきではないと思います。自分でやりたい規模や許容できる範囲を決めて自分自身の方向性を決めることが大切です。

 

投資ブログや不動産投資の書籍など様々な情報を取り入れる

私もいくつか参考にしているブログと、楽街と健美家のコラムはほぼ毎日読んでいます。また、不動産投資を始める前は、不動産投資関連の書籍も20冊くらい読んでから投資を始めました。

 

重要なのは情報を集めて『自分の中で整理し、良いと思ったものを試すこと』です。

アウトプットをしなければ経験値をあげることはできません。初心者はまず自分で調べて、EXCELなどを使って自分なりにシュミレーションをすべきです。

 

そうしないとなかなか成長しません。

 

 

あくまで、自分の頭で考える主体性を忘れないようにしましょう。あなたが学べる機会は昔に比べて圧倒的に増えています。いろんな優秀な方のブログも見れます。書籍も沢山あります。そして「さしとかブログ」もあります(笑)

 

一人のメンターの意見に固執するのではなく、幅広い教養をつけるべきだと考えています。

 

アドバイザーはいらない 考え方学べるをメンターを捜すべき

書籍であれ、ブログであれ、尊敬できる方を見つけて、

『その考え方を参考にすること

ことがとても大切です。メンターは現実に目の前にいなくても良いのです。

 

かの有名なダイレクトレスポンスマーケティングの日本の先駆者である神田 昌典氏も、コンサルティングを行った企業に『売上を上げるテクニック』を教えたところ最初はその企業がものすごく売上が伸びたそうです。しかし、だんだん伸びなくなって来てプレッシャーに押しつぶされそうだった、という内容をある本で語っていました。

 

そして『売上を上げるテクニックではなく、売上を上げる考え方を教える』ことにシフトしたそうです。

 

だから、上手くやっている方の『考え方』を学びましょう。さしとかの『師匠』は同じ投資方法はできませんが考え方は参考になります。必殺◯家さんみたいな経験値も持ってますので、いつも勉強させて頂いてます。

 

また、さしとか個人としては、不動産投資を実際始めたあとで、メンターを探す方がその方が良いかどうか判断でき、学びやすいのでオススメです!予備知識が無いままでいろんな方のことを学んでも活かしきれません。

 

最後に不動産投資を初めたばかりの方に一言…

『ようこそ、こちらの世界へ(^^)』

さしとかが何人かの事業者さんから言われた言葉でした。自分の事業なので苦労もありますが、やりがいもあります。一歩踏み出すと良い出会いがあったり、新しいご縁も始まったりします。

 

この一言を聞いて、ジョジョシリーズのスティールボールランのリンゴォのセリフを思い出すのは私だけでしょうか…。

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング