地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

人生のパートナー選び 社内結婚のリスクを考える

f:id:sashitoka:20180824221856j:plain

※この記事は投資家である、さしとかによる結婚というライフステージに対しての1つの意見です。予めご了承ください。

 

さしとかです。

 

ちょうど結婚して5年目になりました。妻との出会いは学生の時からなので、出会ってから10年ちょっとになります。子供たちもどんどん大きくなって、あっという間ですね。時が経つのを本当に早く感じています。

 

さしとかは、不安定な企業のサラリーマンであることに加えて、不動産投資という世間から理解され難いことを行っています。

 

奥さんになる方からすると、生涯の伴侶を選ぶには性格や相性など内面的な要素もありますが、収入や将来性も大切になります。

 

妻が、何故さしとか選んだのかは不明ですが、パートナーとして選んで頂いたことに、本当にありがたく思っています。

 

さしとかの妻も現在普通に働いています。その収入はさしとかのサラリーマンの収入を超え、安定度も非常に高い職種についています。これに関しては、嬉しくもあり、そして…悲しくもあります(T_T)本当に身にしみて感じています。

 

妻を見ていると本当に感じますが、現在では女性の社会進出が進んでおり、給与格差も少なくなってきました。

 

ちなみに、さしとかの会社は女性比率が高いため、社内結婚が8割くらい締めています。つまり、さしとかは社内結婚ではない2割の人間です。女性が多いことに加えて忙しい会社なので浮気や不倫…男女間でのトラブルもあったり、話題にことをかきません。

 

そんな中で、投資家であるさしとかが感じた結婚についてのお話を語りたいと思います。

 

結婚についての現代の価値観が変わっている

2015年の国勢調査では生涯未婚率について、男性で23.37%、女性で14.06%と過去最高を記録してるそうです。

 

さしとかの会社でも、女性比率が高いにも関わらず、男性の方で結婚していない方が何人かいらっしゃいます。女性は元々割合が多いので女性の独身の割合も多いです。

 

さしとかの会社の場合は、給与は高くはないが、安くはないので女性でも生活にはそんなに困らないレベルです。

 

『養ってもらう必要があまりない』ということが、独身の割合を高めている一因にもなっています。

 

また、最近では、DINKS』… Double Income No Kids の略で意図的に子供を作らず共働きをして、収入を増やして人生を過ごす方も増えています。実際、子供が生まれると子供に対してのエネルギーを費やす時間も増え、子供に費やす金銭も増えます。

 

あえて、植物での例えになりますが、枯れそうな植物は実や花を落とすと復活する場合があります。それほど、動植物の中での繁殖や子育てに対してのエネルギーは高いということが証明されているのです。

 

少し余談になりますが、別姓を名乗ったり、最近ブロガーさんとA◯男優さんで話題になっている事実婚など様々な価値観が生まれてきています。

 

昔は結婚して、専業主婦をして…とかそういった時代は終焉を迎えました。そういった古い考え方から大きく変わりつつあります。

 

社内恋愛は『愛』や『運命』より心理学の単純接触効果が働いている

単純接触効果というものをご存知でしょうか。

 

簡単にいうと、

会っている回数に比例して、好意が増してくるという心理

になる効果のことを指します。

 

つまり、会社で働いていて、顔を合わせているだけで、挨拶をしているだけで好意を抱く場合が多いということです。

 

その中で、性格だったり相性だったりいろいろ検討するものが出てきますが、それは『愛』や『運命』ではなく『どうしてもそう思ってしまう心理が働く』ということが強制的に感じてしまう環境にあります。

 

また、職場が忙しければ忙しい程、他の出会いが減り、職場の異性との会話や苦労した境遇を共有する時間が増えます。

 

それが社内恋愛を更に増長させます。

 

『愛』とか『運命』とか、そういったセリフを言いたい方もいらっしゃると思いますが、単純接触効果は『事実』です。不確実なお話ではなく、実際に起こり得ることなのです。

 

あなたが違う会社で違う異性に毎日会っていればそのことが十分に起こり得ます。単純接触効果があるということを認識した上で、客観的なパートナー選びをする基準が必要になると思います。 

 

社内恋愛は世の中の異性のほんの一部しか見ていない事を忘れない

世界の人口70億人の半分の35億人が異性です。そのうちの自分との結婚適齢範囲を20%と仮設した場合、世界に7億人の異性がいます。

 

そんな中で、社内で選ぶ人間が本当に自分にとってよかったのかどうか、一度立ち止まって考える必要があります。社内結婚自体を否定しているわけではないのですが、世の中に盲目になる必要はないと思います。

 

もっと収入が高く、安定した会社に自分が務めていれば、その社内の中から相手を選んでいる可能性は高いでしょう。あなたがもし、看護師ならばお医者さんと結婚している場合もあるでしょう。勤めている環境に縛られていることは間違いないです。

 

社内で素敵な人もいると思いますが、世の中にはもっと沢山います。社内での出会いはこの世の中のほんの一部しか見てないのです。

 

その事を頭の片隅に入れて忘れないようにしましょう。

 

社内という少ない情報で、生涯のパートナーを決めるのは危険です。

 

社内結婚 VS 社外結婚 投資家として客観的に考える必要がある

f:id:sashitoka:20180824232716j:plain

さしとかの意見になります。

投資家さしとかは、社内結婚は対して…

『リスクがすごく高い』

と思います。

なぜなら、家庭の収入のポートフォリオが

『一つの会社に給与を依存してしまっている』

ということになります。ちなみに夫婦揃って公務員やトヨ◯自動車やキー◯ンスなどどう転んでも潰れない会社は別です。地方であれば、あるほどリスクは高いと思います。

 

さしとかの会社の場合は右肩下がりです。また、マーケットが拡大している分野ではありません。それでも、社内で結婚する人間が後を経ちません。

 

万が一、10年後くらいに会社が潰れた場合、子供たちがいる家庭も多いのでかなりのリスクを背負う羽目になります。そんなことを考えるとゾッとします。将来性の少ない会社である程、さしとかの会社のようなブラッ◯企業である程、本当にリスクが高いのです。

 

そもそも、結婚するということは、

『一生を左右するパートナーを決める、重大な決断』

です。それを単純接触効果を強く受けた状態で、狭い範囲内で、検討して良いのかよく考える必要があります。

 

もし、パートナーを社内で選びたいという強い意志があって、こんなことを言われてくないのであれば

『自分で会社に依存しない、稼ぎ方ができればよい』

と思います。

 

確かに『愛』も『運命』重要だと思います。

 

しかし、自分の選んだパートナーや家族を守れる稼ぎがない、もしくは稼ぎがなくなるリスクがあるのであれば、投資家としてそれを乗り越えることを考えることが必要です。

 

さしとかは社外恋愛でしたが、パートナーと子供たちを守れるために投資家として不動産投資や株式投資に取り組んでいます。自分の収入のポートフォリオを増やしておけばパートナーに対してのリスクを背負わせる必要がなくなるからです。

 

自分の収入の入り口を増やせば、社内結婚や生計リスクを考えなくて良い

 

という、立場になれます。

 

こんな記事を書いてますが、さしとかの場合はたまたま好きになった方が、安定した稼ぎの方でした。その分、家事や労働という対価を払っています。結構たいへんです(涙)

 

パートナーを自由に選べるだけの立場になれるような経済的な自立ができてると、カッコいいですよね!!さしとかは結婚してますけどそんな漢を目指してまいります。

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング