地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

あなたは時間とエネルギーをどこに投資する?30代サラリーマンが人生の折返し地点で感じたこと

f:id:sashitoka:20180914235716j:plain

※この記事は2019年の1月16日に再度リライトしました。

この記事は地方在中の30代の家庭を持つサラリーマンとして感じたことを記事にしました。ぜひ10代、20代の方にも読んでいただきたいと思います。この記事は長く多くの

 

 

さしとかです。

 

さしとかには二人の息子がいますが、とにかく子供たちが大好きです(^^)彼らと過ごす時間は大変な時もありますが、できるだけ楽しむようにしています。私にとっては息子たちと過ごす時間がとても大きな価値を占めています。当然ですが、人によって大切な時間という概念の価値観は違いますので

 

『もっとサラリーマンとして一生懸命働きたい!』

『自分の事業に専念できる時間がもっと欲しい』

『恋人や妻はたまた愛人と過ごす時間がもっと欲しい』

『友人と過ごす時間がもっと欲しい』

『両親と過ごす時間がもっと欲しい』

『一人で学ぶ時間がもっと欲しい』

etc

など、その方にとって価値のある時間の過ごし方は千差万別です。

 

さしとかは本年で34歳になりましたが、サラリーマンで言えば中堅どころです。入社して12年間が経ち、通常の定年退職であれば残りは26年もあります。

 

もっと上の世代の方や、さしとかの同世代の方でも30代なんてまだまだこれから!という風に感じている方も多いと思います。20代の方々は同じ調子で30代も過ごせるよ!と思っている方もいるやも知れません。それでも、確実に人生の自由な時間は減りつつあります。

 

20代とは大きく違うことを認識しながら人生を歩む必要があります。

 

30代になると体の老化を確実に進んでくる

さしとかは髪の毛がサラッサラで、青みかかっている程黒髪でした。先日美容室に行くとカットしてくれているお兄さんから

「白髪が出ててますね」

と言われました。いやだなぁと思いつつも、とりあえず気を取り直してその日は過ごしました。

 

そしてまた別の日、車に乗ってバックミラーを見ると、

「前髪が光っている…白髪またあるじゃん…」

また、見たくないものを見てしまったので憎しみを込めてその白髪を抜きました(-_-)

 

私は今まで人生で一度も白髪とは無縁でしたが、あらためて白髪が出てきたことを認識してみると本当にショックです…。当然白髪だけではなく、体脂肪も増えてきましたし、お腹の肉が増えて、なんだがズボンが入りにくくなったような…。といろいろと感じることが増えました…気持ちだけは20代でしたが、こういった現実を突きつけられると悲しい気持ちになります。

 

いつまでも若くは入れないことはわかっていたつもりですが、これが現実です(;_;)自分の老いと向かい合いながら、自分自身を見つめていく必要があると感じました。

 

心のエネルギーは限界がある。だから「自分のため」にエネルギーを使う

昔は仕事でも、上司から無理難題を振られても

「チクショウ!休日を返上してやってやる!」

という気持ちを強く持ってました。また、同期にも負けたくない一新で仕事にも打ち込んできたので、闘争心や怒りを常に感じながら仕事をしてきていたと思います。まぁそれ以上に会社も休ませてはくれませんでしたが…。

 

…しかし、最近はあんまり怒りを感じることもなくなりました。また、人と比べることをしなくなりました。いい意味で大人になって来たのだとも言えますが、なにか目標ができた時に

『絶対にやりきってやる!」

という意気込みがなかなか出せなくなりました。仕事や会社に対しての不満などモチベーションの面もあると思います。サラリーマンの仕事で何か目標を成し遂げたいときに、モチベーションが高くないとなかなか良いパフォーマンスができません。今のサラリーマン業に関しては確実に心のエネルギーが減っているように感じています。

 

一方で、サラリーマンへのエネルギーを自分自身の投資に注ぐようにしています。自分の人生をかけて取り組んでいますので、投資に対する想いが弱まらないように皆さんのブログを見たり本を読んだり、他の投資家の方のお話を聞いてモチベーションをあげるようにしてます(^^)

 

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』の中でも成功する要素として

「エンスージャズム(情熱)」

の大切さを訴えています。成功する要素の一つであることは間違いないので、燃えたぎる思いもうまく使う必要があると考えています(^^)

■思考は現実化するに興味のある方はぜひ読んでみて下さい!

ナポレオン・ヒル思考は現実化する まんがで納得 [ 北田瀧 ]

価格:1,404円
(2019/1/17 22:47時点)
感想(0件)

■思考は現実化するを読むのが大変な方は聴いて学ぶのもありです!

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる - audiobook.jp

異性に対しての欲は程よく減ったほうが良い

余談ですが、最近明らかに意欲が低下したものがあります…。最近異性に対しての興味が薄れてきました…。同性への興味が出たわけでもないですし、機能不全ではないです(笑)

 

昔は、かわいい女の子を見るとそれだけで楽しかったですし、遊びに行けるなんてことになればウキウキでした!そんなことばかり考える時期もありました!最近はそんなことくらいではウキウキになったりすることもなくなりました…。

 

これも明らかに10代、20代の頃とは変わりました(^_^;)

 

あまり見境ないと人間関係にも支障をきたしますし、家族の関係にも支障をきたします。今では家庭もありますし、異性に関しての欲求は減った方が家族円満に過ごせると思います(笑)これはこれで良いのだと自分自身納得するようにしています。

 

自分の人生で生涯を決める一番大切な時期です。その時の楽しさよりも私は将来を見据える方が好きです!

 30代サラリーマンがこれから使える『自由な時間』は少ない

f:id:sashitoka:20180915003250j:plain

サラリーマンとして勤めている上で、最近時間の大切さに気が付きました。毎日あっという間に過ぎて行きます。自分の大切な子供たちや両親、健康でいられる状態で自分が使える時間はどのくらいなのか仮設を立てて計算してみました。

【両親と過ごせる時間】

さしとかは、実家の両親と離れて暮らしていますが、年に3回くらい1泊2日で実家に宿泊をして来ます。つまり年間6日間くらいしか会っていません。

両親があと20年生きると仮設した時にざっくり計算すると

20年✕6日間 = 両親に会える日数は120日

しかありません。もっと会いに行けばよいと思いますが、このペースだとこんな感じです。最近、職場でも両親の介護や看病で会社を退社される方も増えています。そんな方たちが口をそろえて言うのが

『最後くらい、両親ともっと一緒に過ごしたい』

と言われる方が非常に多いです。仕事をしていたり、離れて暮らしていると社会人になってからは会える時間が本当に少ないです。

【子供たちと過ごせる時間】

子供たちと丸々過ごしている時間も土曜日も預けていますし、幼稚園などがありますので1週間で丸2日と仮定した場合、1年間は52週ですので

子供と接している時間2日間 ✕ 52週 = 110日/年

長男が13年後に18歳になりますので

110日/年 ✕ 13年 1,430日

つまり、ちゃんと子供と過ごせる日数はたった1,430日程度しかありません。すごく少ないと感じませんか!?もっと大切にしなければと感じています。

【健康で過ごせる時間】

さしとかは営業職で外を廻っていますが、職業柄オーナーさんなどと接する機会が多いです。まだ50代くらいの若い方もいらっしゃいます。皆さん本当によく体を鍛えていたり自分に対するケアを欠かさず実施しています。そんなみなさんが口をそろえて皆さんおっしゃるのが

『自分が健康で活動できる時間を維持するために鍛えているんだよ』

とお話されます。

さしとかが、仮に70歳まで元気に動ける状態だったと仮設します。つまり残り36年間あります。

365日 ✕ 36年 =13,140日

13,140日という結果になりました。

健康でしっかりと動ける状態を仮設した場合、このくらいの日数しかないということです。しかし、実際はこれを全て自由に使えるわけではありません。

【サラリーマンとしての過ごす時間はどのくらい】

逆にサラリーマンとしての仕事をどのくらい携われるかというと、さしとかの会社は会社の規定の上では、約120日となっています(実際にそんなに休めた試しがありません)。つまり年間の勤務日数は245日となっています。現在34歳で、将来的に退職の年齢が65歳になると過程するとあと31年あります。

将来的に不安はありますが、今回は考慮しない、もしくは転職するとした場合、

年間の勤務日数は245日 ✕ 退職までの年月31年 = 7,595日

なんと退職まで7,595日も時間を使うことになります。

健康な状態で70歳まで維持できる日数が13,140日でしたので

さしとかのサラリーマン人生7,595日 / 健康状態が維持できる13,140日

= 健康状態が維持できる人生の約58%がサラリーマンの活動で消費される

という結果になりました。仮設の計算になりますが、健康状態を維持できる人生の大半をサラリーマンの活動で失ってしまうということも考えられます。

当然、これらはあくまでうまく身体が健康で無事に過ごせた場合のお話ですので、実際はもっと少ないのではないかと思います。

まとめ 30代は「自分の時間とエネルギーを何に投資するか」が大切

さしとかも30代になり、体や心の変化を感じるようになりました。人生の中で家族と過ごす時間と健康状態で過ごせる時間は確実に減っています。そんな中でさしとかは投資をすることにより、経済的な自立を目指しています。経済的に自立できれば、自分の大好きな家族と過ごす時間も増やすことができます。

 

自分の時間とエネルギーは限界がある、だから自分で選んだ将来を作ることに時間とエネルギーを投資したい

 

…と考えています。現在は副業解禁やライフスタイルの変化により、お金を稼ぐ手段が多様化しました。さしとかは、不動産投資や株式投資などの資産形成に時間とエネルギーを使って投資をしていきます。そのために、全力を尽くしています。

 

一方で、大切な子供達にはエネルギーを投資して、しっかりと育って欲しいと考えています。家族である両親や妻、子供たちと元気で過ごす時間を1秒でも長く過ごしたいです。時間とエネルギーの大切さを日々感じています。

 

この記事は30代半ばという一つの節目で感じた事を記事にさせていただきました。ふと自分の自由な時間ってどのくらいなのか見直してみる機会があればこの記事をご参照頂ければと思います(^ ^)

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング