地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

Google AdSenseの合格出来た!役に立てる記事を意識しよう

f:id:sashitoka:20181004052525j:plain

今回の記事はGoogle AdSenseの合格とGoogleの検索エンジンの『考え方について』の内容となります。不動産投資についての内容ではありませんのでご了承ください。

 

さしとかです。

 

2018年9月の中ごろ、

Google AdSenseに合格いたしました!

f:id:sashitoka:20181003222712j:plain

合格するとこんな感じのメールが来ます。↑

 

Google AdSenseはブログなどのホームページに設定すると、個人がそのwebサイトのホームページを表示した際に、その個人の関心に合わせて広告がでるクリック型報酬の広告配信サービスのことです。

 

Google AdSenseの詳しい申し込み方法などは割愛しますが、この広告配信サービスを利用するための難易度が近年高くなっているらしいです。

 

合格の条件をバックリ紹介すると、ブログの記事をある程度運用し、文字数を1,000字以上を書いて、文章に誹謗や中傷に加えて丸パクリなどの違反がないかどうかなどの条件を満たすと合格できるらしいです。

※はてなブログは、はてなPROで契約しないとアドセンスの設定はできないようです。

 

ちなみにさしとかブログでは2018年の10月3日(水)現在ではまだGoogle AdSense自体の設定はしていません。もう少し、記事数も増えて、もっと皆様のお役に立てるような記事を書けたら掲載を検討しようと考えていました。

 

また、Googleでもう一個嬉しいことがありました。

『新潟』『不動産投資』『ブログ』で検索するとトップで表示されるようになりました!

さしとかの中では喜ばしいことでした!。

 

零細地方サラリーマンの書いた記事が、ひと目に触れる機会が増えたことを嬉しく感じています!

 

今回はさしとかなりに2ヶ月間ブログを更新する上で取り組んできた、Google AdSenseの合格と検索順位があがる(SEO対策)がブログの取り組み方をご紹介させていただきたいと思います。

 

Googleの検索エンジンの評価はユーザーの役に立つものが上位にくる

Googleはユーザーの利益を最大限考えることで、世界有数の企業になっています。まず、そしてGoogleの検索エンジンがどういった考え方で検索されるのか理解する必要があります。

 

私達がGoogleの検索エンジンを使うときは、情報が欲しい時です。検索エンジンの上位に表示されるものに対して私達は自分の欲しい情報が入っていそうであればクリックをして内容を閲覧します。

 

つまりGoogleの検索エンジンの検索結果は

Googleの検索結果はユーザーの役に立つものから上位に掲載されている

ということです。

 

Googleは

Googleの検索エンジンがユーザーの役に立つ検索結果を表示する → ユーザーがクリックする → ユーザーが満足する → Googleの評価も上がる → 広告宣伝効果も高まる

といったサイクルを作り上げています。そういったユーザー満足度を追求した結果が今では日本のGoogleの検索エンジンのシェアを9割以上まで引き上げています。

 

私達が普段検索している内容で上位に来ているwebサイトは広告を除くと

Googleから評価され、ユーザー満足度の高いコンテンツ

ということになります。

 

当然Google AdSenseに合格するためにはGoogleから満足度の高いコンテンツなっている(なる可能性がある)という評価が最低でも必要になると考えられます。そういったことを意識して記事を更新する必要があります。

 

『不動産投資』とGoogleの検索エンジンに入力すると不動産ポータルサイトの楽待は上位に検索されます。当然楽待は、物件の購入から、投資のコラムなど様々な切り口でしっかりと更新しています。

 

楽待の面白いところは先般のTATERUの融資改ざん問題やかぼちゃの馬車の問題が起きた時も、スポンサーになりえるこれらの企業を、これでもか!というくらい徹底的に叩いています。これもユーザーの満足度を高めてGoogleの検索エンジンの評価を意識している結果ではないかと考えています。

 

さしとかのブログは 『新潟』『不動産投資』『ブログ』という検索条件を絞った中ではその土台にたつことができました。

 

役に立てる内容や伝えたいことを自分の言葉で書き続ける

Google AdSenseに合格する上では文字数を『1500字は越えるようにブログの記事を作る必要がある』という紹介がブログや本で多数紹介されていました。

 

さしとかはFC2ブログで2017年の4月より、ほそぼそとブログを書いていました。当時の記事は自分のログ程度に考えていましたので、思った事を感じたままに記載していたりしていました。文字数で言えば500~700字程度でした。

 

はてなに移行してからは過去の記事をリライトして、まとめ直して一つの記事を充実させるようにしています。現在は大体1つの記事で3,000字前後、字数の多いもので5,000字くらいになります。

 

さしとかは上記の『Googleの検索エンジンの評価はユーザーの役に立つものが上位にくる』ということを知ってからブログの書き方を変えました。

 

『せっかくブログを書いて同じ時間を使うなら、誰かの役に立つブログを書こう!』

『自分と同じような境遇のサラリーマンや不動産投資を始めたい方に向けて役に立つものにしたい!』

という思いが芽生えるようになりました。

 

ブログの記事はだらだら長く書けばよいということではありません。記事の理想は短くわかりやす伝わることがベストだと考えています。しかし、記事に対して情熱や想い、わかりやすさを意識して記載をすると簡単に1,500字くらいは超えます!ついつい、書き込んでしまいます(笑)

 

お世辞にも文章を書くのが上手だとは思ってませんが、このブログを通してなにか1つでも『学べた!』とか『頑張ろう!』とか感じてもらえる記事にしたいと常に考えています。

 

地方✕サラリーマン✕30代✕不動産投資 自分の言葉で自分にしか書けないブログを書く

このブログのタイトルにもありますが、

『地方で』『サラリーマン(OL)で』不動産投資をやっていて』なおかつ新潟で『30代で』『ブログをやっている人間』は数少ないと思います。

 

しかし、副業解禁が到来の時代で多様な働き方も増えてきました。現在の収入に悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。企業もいつ潰れてもおかしくない時代になりました。

 

そんな中で『地方』『サラリーマン』『30代くらい』『不動産投資を始めたい(やっている)』というキーワードに当てはまる方に向けてこの記事を書いています。

 

このブログは、どこにでもいるありきたりのサラリーマン(OL)が戦略を持って行えば誰でも不動産投資に取り組めることを証明しています。※まだ2年目なのでまだまだ長い戦いになります。

 

少し話が戻りますが、Googleは丸パクリの文章は敏感に反応して、そのwebサイトの検索エンジンの順位を一気に下げてしまいます。そもそも、さしとかの不動産投資の経験や知識は他のブロガーさんとまったく同じということはありえません。

 

自分の経験は自分の言葉でしか表すことが出来ないと考えています。オリジナリティのある記事をすることが、ユーザーの満足度に繋がってGoogleの評価も高まると感じています。

 

僭越ながら、今回はブログの書き方の記事を記載させていただきました。ぜひこれからも自分にしか書けないブログを記事にしていきたいと思いますので当ブログをよろしくお願いいたします!

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング