地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

文字の力は年々増している!『書く力』は武器になる時代

f:id:sashitoka:20181022145241j:plain

毎日のブログの更新って大変ですよね(^o^;)??

ブログを自分の為に続けたいと思える記事を今回は書きました!

 

さしとかです。

 

約三ヶ月で52記事しか掛けていません。しかも、もともとFC2ブログで1年半前からスタートしたネタを使いつつもこの程度のペースでしか更新出来ていない自分が情けない…。

 

毎日2,000文字以上書いて更新しているサラリーマンブロガーさんはクレイジー…間違えました本当にグレイト、神の領域だと思います。

 

不動産投資が中心のブログにはなってますが、将来的にはブログの収益化などを検討してますし、他に良いビジネスがあればどんどん取り組んで行きたいなと考えています。

 

さて、話は少し変わりますが

さしとかは高校生の頃に大学の推薦を受けました。大学の推薦試験の科目に『小論文』というものがありました。800字前後くらいで出題されたお題に対してて意見を述べるというものです。

 

さしとかはそれまで読書の習慣もありませんでしたし、文章を習慣もありませんでした。小学生の時の読書感想文を書いて以来全然『文章を書く』という行為をしていなかったと思います。

 

ですので、試験対策の為に夏休みに国語の先生のところに毎日通って、文章の書き方と添削をしてもらい毎日地獄のような日々が続きました。一日一枚は最低ノルマで毎日添削し、真っ赤にびっしり赤ペンで修正されます…。

 

じゃあ、受験すればいいじゃん!

とそんな風に思う方もいらっしゃるかと思いますが、受験で入れる程の学力がありませんでしたので、最短ルートで受かる為にはこの方法しかありませんでした。

 

そんなこんなで、試験までにはなんとか読めるレベルの文章になりましたが結局の所その時の試験には落ちました。結局その時は生かすことが出来ませんでしたが、大学の論文だったり、就職活動の志望動機を書くことだったり、その後はいろんなことに役に経ちました。

 

ブログも決して上手とは言えませんが、なんとか皆さんに見ていただけるレベルにできているのはこの時の努力の成果です。

 

また、同時に日商ワープロ検定3級を高校のときに取得することができましたが、これも仕事を始め、ブログを短時間で書き上げることに繋がっていると感じています。

 

2005年のスタンフォード大学の卒業式に、アップルの創業者 故スティーブ・ジョブス氏がスピーチをされました。その際に卒業生達に伝えていた項目の中で

 

点と点をつなげる

 

ということをお話されていました。

 

スティーブ・ジョブスはカリグラフィー(書体)の勉強をしていたそうですが、すぐには役にたたなかったそうです。しかしその後Macが発売され、Macの文字を美しい書体を変えるという当時はじめての機能を入れたそうです。

 

今となっては書体を変えることは当たり前ですが、当時はとても画期的だったと思います。一生懸命学んで来たものは、どこかで人生でつながる場合があるということですね。

 

そんなこんなでさしとかも高校を卒業してから16年経った今、学んできたり体得して来たスキルが役になっています。

 

さしとかは、さしとかブログを通して不動産投資をこれから始める方の役に立つことはもちろん、誰かの為になるような事を少しでも書いていきたいと考えています。

 

また、自分のなんの為になるのかと考えたときに一つ気がついたのがブログで文章を書くことで磨かれていく

 

書く力!です(^^)

 

この力はこれからのネット社会において最も重要なスキルの一つではないかと考えています。 

 

 

 

スマートフォンの普及で文章を閲覧する機会がますます増えている

スマートフォンの普及世帯状況をみるとは2010年は9.7%だったのが2016年でなんと71.8%です。

 

参考までに2007年までパソコンの普及世帯状況をみると85.0%が2016年には73.0%まで低下しています。どっちにしてもインターネットに触れていない方のほうが圧倒的に少ないということがわかります。

 

スマホの普及率は落ち着いていますが、将来的には携帯電話がすべてスマホに差し替わってくるのではないでしょうか。

総務省|平成29年版 情報通信白書|情報通信機器の普及状況

 

じゃあ、実際どのくらいの頻度でスマホを利用しているのかということを考えたときに以下のサイトを見ました。

mmdlabo.jp

すると2時間から3時間が中央値で21.7%という結果でした。同僚の方でスマホの使用時間の表示を見せてもらったこともありましたが、やはり3時間くらいでした。

 

このサイトによるとSNS・コミュニケーションのアプリをインストールしている方が約70%ということです。

 

これははてなブックマークなども含まれていると思いますが、SNSなどを中心に圧倒的に

 

『文章に触れる機会が増えた』

 

ということが言えます。確かにインスタやyoutubeなど動画も増えていますが、見ている文字の量は昔に比べて圧倒的に増えているのではないでしょうか。

 

新聞は読まなくても、スマフォのニュースを見る方は多いですよね??

 

文字に接する時間はスマートフォンの普及によってますます触れる機会が増えてきているということが言えます。

対面での営業と販売 → 文章での営業と販売の時代が到来

先日こんなブログを記載させていただきました。新潟のローカルなニュースですが、三越という全国区の百貨店のため結構話題になってました。百貨店市場は2007年には約7兆7,000億円あった売上が、2016年度には約6兆円を切る形になっており、どんどん縮小しています。

 

アマゾンを例に出すと、2010年は約5,000億の売上が2017年にはなんと約1兆2,000億円ととんでもない成長を見せています。

 

Amazonは商品を購買したユーザーのコメント評価を表示した新しい販売方法で、ユーザーから支持を受けています。他にもいろんなサービスで稼がれてますしね。

 

その商品に対してのコメント評価をみて、商品を検討している顧客がまた購入して行きます。購入する方達が見ているのは『文章』です。ユーザーの生の声や体験談などが文章で伝わって商品の売上に大きく影響します。

 

『楽天』や『ジャパネットたかた』などの通販大手を見ても商品のコメントの表現が豊かで思わず買ってみたいと思ったりします。

 

よほどの高額品でなければ、対面での営業や販売がいらない時代になりつつあります。

 

そしてインターネットで一度良い文章を書いてしまえば文章がセールスマンとなってよ営業や販売を永続的にやり続けてくれます。

 

いわゆるセールスコピーライティングというものですが、インターネットの普及に伴ってより強力に身近になっています。

 

アフェリエイトやブログで生計をたてる方も増えていますし、文章を『書く力』はスマートフォンが普及した社会においては更に強力な武器になっています。

 

まとめ  書くことで武器になる

ブログを毎日書くことは結構しんどいです。

さしとかでも記事を書くのにやはり3時間くらいは最低掛かっています。

 

文章をあまり書く機会の無い方がブログを書き始めると本当に辛いと思います。

 

さしとかがこの3ヶ月間で書いてきた、さしとかのブログの記事が大体平均2,500字とすると50記事で

125,000文字を書いている

ということになります。さらに毎日続ければもっと量が増えていきます。

 

定期的にブログを書いていれば、どんな素人でも絶対にうまくなると思います。また、面白いブログを書いている方もたくさんいらっしゃいますので参考にする機会も増えています。

 

自分の思いや考えを上手く相手に伝える文章は最初はなかなかうまく書けないです。ですが、練習して行けば絶対に書けるようになってきます。

 

現代はスマートフォンの普及でインターネットが身近になり、さらに『文字』が身近になりました。またインターネット上で書くという行為は誰にでもできるようになりつつあります。

 

伝えたいことを文章で伝える『書く力』はこれからの世の中ではもっと武器になるのではないでしょうか。インターネット上で書くことは個人レベルでもビジネスになります!

 

ブログを挫折しそうな方は、『書くこと』『武器になる時代』ということを意識して取り組むとモチベーションが上がりますよ(^^)

 

ぜひ、自分の為にもブログを始めたり、ブログを続けてみてください! これからの将来には必須のスキルを鍛えることが出来ますよ(^^)

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング