地方不動産投資のリアル!30代サラリーマンがお金と人生に向き合うブログ

地方・住宅ローンあり・子ありの30代サラリーマンが不動産投資とお金、人生に向き合うブログ

働き方で人生を変える!働き方改革を自分の人生に落とし込もう

f:id:sashitoka:20181107221358j:plain

さしとかです。

 

私事ですが、転職活動を本格させました。

 

年末に向けて、営業の予算も高く多忙ですが、エージェント登録と転職サイトの登録を行い準備をしています。今週から試験が少しづつ始まり出します。

 

過去のブログにも書いてますが、さしとかの勤めている企業はかなりのブラック企業でした。当時は本当に休みも取れませんでしたし、年功序列の超体育会系の会社です。更に強制飲み会に加えて余興は裸芸など当たり前でした。

 

そんな会社ですが、変に公務員気質なところもあり政府の『働き方改革』に敏感に反応し労働改革をはじめました。

 

社内メールの削減や残業の禁止、無駄な会議の削減、余計な資料作成をしない、裸芸の禁止etc…簡単な内容から取り組んでいます。労働環境がよくなったなぁと感じてはいます。

 

しかし…そもそも

働き方改革以前に、おかしいことに気づけよ!

と、言うのが本音です。…まぁ、でもそこまでなら、さしとかは会社を許せます。

 

しかし最近の会社では『働き方改革』とう単語を朝礼などで盛り込むのですが、肝心な上司からの指示は

『従来の働き方を変えましょう』

『新しい営業のやり方を提案しましょう』

『自分の今までの働き方を変えましょう』

以上!!

という状態になっています。

更に『部下に判断基準を任せる』ということを部内で推奨しています。

 

…結局、具体的な方向性とか方針はないのかよ??

と思わず突っ込んでしまう内容でした。

 

つまり、会社や上司の言っていることをすごく簡単にまとめると

『コンプライアンスに引っかからない程度に勝手に考えて売上作ってね。というか売上作れよ!あと知らん。』

という感じです。

 

会社の業界の将来性もそうですが、経営層を含めた方針にも非常に不安を覚えています。というわけで転職活動を開始することを決意しました。

 

当然、転職活動がうまくいかない可能性も十分ありえます。しかし、このままの環境でじっとして気がつけば手遅れになり、茹でガエルになるかも知れません。www.sashitoka.comm

また、自らをより高めるためにも新しいことに挑戦したいという前向きな気持ちで行動したいと思うようになりました。転職も前向きなチャレンジと捉えています。

 

仕事以外でも、さしとかは株式投資、不動産投資、ブログなど様々なことにチャレンジをして自分を改革して来ました。少しづつですが成長を感じています。本当に意味のある働き方改革とは自分を改革することだと強く感じています。

 

そもそも政府が打ち出した働き方改革とはなにか?

首相官邸ホームページより引用しますが

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。 

                  引用元 首相官邸ホームページ

 ということです。

 

å³è¡¨2-1-1ãæ¥æ¬ã®å°æ¥æ¨è¨äººå£

         引用 内閣府 人口・経済・地域社会の将来像より

 

2050年には人口が約32%減少します。つまり約7割の人口になってしまいます。

 

65歳以上の高齢化は年々増加します。2050年には人口の39.6%…すなわち4割が高齢社となる時代を迎えています。

        〈我が国における総人口の長期的推移〉

f:id:sashitoka:20181107233359p:plain

出典:「国土の長期展望」中間とりまとめ 概要(平成23年2月21日国土審議会政策部会長期展望委員会)

                          引用 総務省

人手不足は最近では飲食業や小売業を大きく影響しており今後は更に増大します。

 

そんな中で『働き方改革』は

・労働生産性の向上

・多様な雇用による働き手の確保

・人口の増加(実際は維持が限界かと思います)

を打ち出しています。

 

特に『労働生産性の向上』においては長時間労働や労働環境の改善を目指しています。最近ではどの企業でも『育児勤務者』への復帰が手厚くなってきましたし、高齢化社会が進むにつれて介護休暇も手厚くなってます。

 

また、定年を迎えた社員の再雇用制度も各社行い始めています。

 

実際、そのくらい手厚くしても人手が足りない時代になりつつあります。

 

少ない人手で効率良く働いて、とにかく売上を作らなければならない時代に突入しました。今までのような、根性や体力、精神論だけが通用する時代は終わりました。

 

働き方改革の一番重要な部分は社会保険などの費用が高齢化社会で増加していることに対して、働き手が減ってこのままでは税収が減少することが根本的な問題です。

 

これからの社会は、さらなる改革と効率化が求められる時代です。世の中の流れについていけない企業がどんどん衰退して行くでしょう。

トヨタとソフトバングが提携するほどに世の中の変化が起きている

f:id:sashitoka:20181108001038j:plain

先日トヨタとソフトバンクが事業提携をしました。さしとか的には結構びっくりしました。新会社【MONET Technologies】という会社を資本を出し合って会社を作ったようです。

 

ソフトバンクの交通情報や需要予測の情報を使ったテクノロジーとトヨタの車両をベースとした物流や移動のサービスの融合ということらしいです。

 

Googleも自動運転事業に参入しています。

toyokeizai.net

各社の参入障壁が低くなり、世の中の市場の変化が劇的に変わっています。

 

少なくとも、さしとかの現在の会社での働き方改革程度のレベルでは今後間違いなく時代の流れについていけないという事実…それだけはわかりました…。大企業ですら大きなことにチャレンジする時代です。

 

企業も『大きく変化できる企業』『変化できない企業』の二極化が進んでいるように感じています。また、お金の流れも中間層が減り、富裕層と貧困層の差が拡大しています。変化する意識の差が富の差も生み出すのではないでしょうか。

 

トヨタも『自動車の概念が必ず変わる』ということを予測しているので新しい動きを始めています。

 

自分の働き方は改革しやすい

f:id:sashitoka:20181108000803j:plain

勤めている会社のトップの危機意識や業界特性によって本当の意味で生産性を上げるための『働き方改革』が進まないこともあるでしょう。さしとかの会社の場合は実際そんな感じです。現状のサラリーマンの生活においては歯がゆい思いがあります。

 

しかし、自分の『働き方改革』は簡単に出来ます。自分の収入を増加させ生産性を上げることは難しくありません。現代では様々な方法があります。

 

さしとかは不動産投資を行うことで、売上に関してはサラリーるマンの年収を大きく超えています。

 

また、株式投資も配当金で数万円は年間が入ってきます。

 

先日からブログでアドセンスを掲載させていただきましたが、早くもペットボトル1本分の収益が生まれました。自分の生産性をあげることは意外と難しくないことがわかりました。

 

他のみなさんのブログを読んだり、オーディオブックを聞いたり、書籍を読んだりして常に学び実践していくことで自分を改革しています。

 

ふと昔、さしとかは会社の飲み会で先輩と昔飲みに言った時に先輩が語っていたセリフを思い出します。

『会社が変わらないからさ、だから駄目なんだよ』

と語っていました。

 

でも、会社の責任にするのは簡単ですが、自分の人生は自分で変えることが出来ます。

 

居酒屋で飲んでグチグチいうくらいだったら、さしとかは自分で稼ぐ手段を見つけて結果を出せる人間になりたいとその時強く願いました。お酒を呑んで愚痴を言う時間は無駄ですし、その時間を行動に当てたいと思います。

 

会社などの周辺環境を変えることが出来なくても、自分の働き方を変えることに意識を向けることは簡単です。

 

当ブログも少しでも皆様の役に立てるような記事を更新していくために日々努力して行きたいと考えています。それがさしとかの『働き方改革』なので(笑)今後ともよろしくお願い致します。

 

この記事が面白いと思っていただけたら、こちらもクリックお願いいたします。(^^)↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


不動産ランキング